モデル生成支援ライブラリ
ASU/MINT

特徴

樹脂の反りの解析結果、薄板プレスのスプリングバック解析結果を用いて金型の見込み形状を自動で生成します。成形シミュレーション(ASU/MOLD、ASU/P-form等)と見込み形状生成支援システムにより、作り直しのない金型制作を支援します。
また、金型測定点群を用いて見込み形状も作成可能です。
※thinkdesign(think3,inc.)をベースにしたツールです。

ASU/MINT-p プレス成型金型(スプリングバック)見込み形状生成支援ソフトウェア
・プレス成型解析ソフトウェアから出力される、スプリングバックの結果を使用し、3DCADデータへ反映させます。
ASU/MINT-m 樹脂成型金型(反り)見込み形状支援ソフトウェア
・射出成型解析ソフトウェアから出力される反りやヒケの結果を使用し、3DCADデータへ反映させ ます。
ASU/MINT-a 測定点群見込み状支援ソフトウェア
・非接触測定器を用いて測定点群を作成し、その点群から3Dデータへと反映させます。
製造・生産シミュレーション
ソフトウェア
支援ライブラリ
ナレッジマネジメントシステム
緊急地震速報活用システムblank