プレス成形シミュレーション
ソフトウェアASU/P-form

主な機能と事例紹介

1.簡単操作のプリ・ポスト処理機能

簡単な入力操作で解析データを作成可能なプリ処理

金型データの入力

入力フォーマット ACIS(SAT)、FastSURF、DXF、DWG、IGES、STEP、Parasolid、STL
オプション Solidworks、Autodesk Inventor、Catia V4,V5、ProE、UG

型形状をプリ・プロセッサ内にて容易に修正可能(CAD機能搭載)

プレス成形条件の入力:(クッション力,絞りビード力 等)

被加工材の特性入力

鋼鈑(軟鋼から980MPa級高張力鋼鈑まで)、主なステンレス鋼鈑、代表的なアルミニウム板などの材料特性を標準装備しています。

標準装備 SPCC,SPCE,SPHC,JSC340H,JSC340P,JSC370P,
JSC440P,JSC590R,JSC590Y,JSC780Y,JSC980Y,
A5052-H32,A5052-H34,A1050-O,SPFCC340H,
SPFC390,SPFC440,SPFC590,SPFC780Y,SPFC780,
SPFC980Y,Al-2.5Mg,Al-5.5Mg,Al-4.5Mg,SUS304

被加工材、金型のメッシング

[プリの操作のイメージ]

ウイザード形式で順次入力画面が立ち上がりますので、それにしたがって、最低限の操作で簡単に入力データを作成できます。初めに成形方法の選択で型レイアウトを選択、次にブランクにメッシュを作り、材料特性を割り付け、最後に型毎にCADデータを紐付けます。

[トリムの設定]

事前にトリムラインをCADで準備する必要があります。処理画面ではトリムラインデータを紐付け、トリムするタイミングを指示します。

[ビードの設定]

型データにビード形状が入っている場合はそのまま使えます。しかし、型設計時にビードの条件を検討する場合は、線ビードを用いると便利です。線ビードの設定はこの設定画面で行います。準備はビードの位置と長さをCADで線を作成してください。これを紐付け、ビード力を設定するだけです。

充実した分析機能を備えたポスト処理

ポスト処理では結果を表示して、板厚分布やスプリングバックの計測などで不具合の有無等を確認します。

解析結果を見るためのツール

成形途中形状、断面形状、板厚分布、ひずみ分布、応力分布、成形力(分布を含む)、スプリングバック量、材料移動量、成形限界グラフ等

2.ソルバーマシンの性能をフル活用

ソルバーマシンスペックをフル活用可能なソルバースケジューラー

ソルバースレッド数の設定

複数のスレッドを使用した並列計算が可能
搭載コア数により並列計算の組み合わせが選択でき同時に複数の解析実行が可能

連続解析実行の設定

スケジュール設定が可能

設定が容易なスケジューラ

解析進捗状況・経過時間の表示

3.ソリッド要素をサポート

ソリッド要素での解析

しごき加工の場合にはソリッド要素を使う必要があります。シェルでは板厚方向の形状が考慮されていないのでシゴキによる減肉は見られません。そのため、板厚方向の形状があるソリッド要素を使います。この例では、2工程目でしごき加工をしています。

4.トリム展開機能

トリム工程でのトリム展開ラインの算出

設計時におけるトリムライン設定は、設計者の勘と経験及び2D的な展開予測で設定することが多くトライを行い、トリムラインが決定し図面に反映させると、スクラップカッター・ゲージピン等の金型部品との干渉が起き設計修正が必要となってしまいます。
工程の途中で外周トリムして最終工程で製品形状を取り出すことが行われると思います。このとき、前の工程のトリムラインを予測した例です。この例では、3工程あり、2工程目で外周トリムする必要があります。このときトリムなしで全工程のシミュレーションを行います。また、事前に製品形状の外形線を抽出しておきます。抽出した外形線(黒)と3工程目の結果(青)を重ねます。トリム展開処理によってこのときの製品形状がどの部分になるかを求めることができます。さらに2工程目(赤)の形状と3工程目の形状は同じメッシュなので、求めた製品形状位置が2工程目のどこにくるかも求めることができます。求められた線がここに示したトリムラインです。このトリムラインを使って2工程目の終わりにトリムの計算を行い、3工程目の計算を行うことによって製品形状になることを確認できます。

5.多工程解析

プレス工程に沿った解析が可能で工程毎の検証が行えます。

「成形」「トリム」「曲げ」「リスト」工程のように、最後はカムを使って横から押すことによってスプリングバックを見込んでいます。

ASU/P-formとASU/P-formEXとの機能比較表

製造・生産シミュレーション
ソフトウェア
支援ライブラリ
ナレッジマネジメントシステム
緊急地震速報活用システムblank