溶接ひずみシミュレーション
ソフトウェアASU/WELD

特徴

溶接ひずみシミュレーションソフトウェア(ASU/WELDシリーズ)は、溶接工程における部品変形を簡単な操作で短時間に予測し、溶接トライアルを軽減できる実用的なツールです。
プレス成形シミュレーションソフト(ASU/P-form等)の解析結果から強度解析まで、部品製作のための一貫した解析システムをご提供します。

固有ひずみ法解析ソフトウェア「ASU/WELD-Express」

専用メッシャー

専用メッシャーをパッケージに搭載し、従来より解析準備の負担を大幅に軽減しました。

ASU/WELD 自動メッシャー
ASU/WELD 専用メッシャー操作例


多工程溶接における熱変形の予測を固有ひずみ法を用いることにより簡単、高速に実現でき、溶接順序とクランプ位置の設計段階での最適化が可能です。

固有ひずみ法により実部品を短時間で高精度に解析

・溶接順序およびクランプ位置を簡単な操作で設定し、評価することが可能です。

 ・複雑な形状も短時間で解析が可能です。

使いやすいプリ/ポスト処理

・部品単位の構造データ(NASTRAN 書式)で取り扱いが可能です。

・溶接順の変更がひずみの傾向に与える影響を簡単な操作で確認できます。

・工程の順番を入れ替えた解析結果を比較し、溶接による熱ひずみが最小となる工程設計に役立てることが可能です。

・クランプ位置等も自在に設定可能です。

・溶接後の変形をコンターで表示し、指定点の変形は数値で出力が可能です。

【溶接順の入れ替えについて】

自動リメッシュ機能

・異なるメッシュの部品でも溶接時に自動リメッシュが可能です。

熱弾塑性解析ソフトウェア「ASU/WELD-Master」

国内で初めて、実機モデルの熱弾塑性解析を可能にしました。
多工程(多層)溶接における熱ひずみ、残留応力、板隙等の詳細な予測と現象の理解を複雑形状の実規模モデルで実現できます。また、時系列の熱履歴を詳細に予測し、溶け込み領域等を評価することが可能です。

※基本ソフトウェアについては、大阪大学接合科学研究所に帰属しています。

実規模を対象とした詳細溶接変形・残留応力予測

従来の汎用ソフトウェアでは、計算不可能であった実規模モデルの解析が可能となりました。
高速解析用アルゴリズムの搭載(ISM)により、150万要素<200万節点規模>の解析が10日以内で実現できます。

大型構造物を対象とした溶接・組立変形予測

社会的重要構造物(橋梁・造船・原子炉等)の健全性評価に詳細なモデルで解析を実施します。

温度分布[℃]

変位量絶対値[mm]

相当応力[MPa]

相当塑性ひずみ

製造・生産シミュレーション
ソフトウェア
支援ライブラリ
ナレッジマネジメントシステム
緊急地震速報活用システムblank