溶接ひずみシミュレーション
ソフトウェアASU/WELD

事例

活用ポイントと導入効果

活用ポイント

溶接工程ライン(溶接条件・治具等)を構築するための、事前検討(生産準備)での評価

導入効果

溶接による熱ひずみを事前に予測し、部品精度の向上と溶接ラインの生産性向上に大きく貢献します。
特に、実機試作のシミュレーションによる事前評価は、試作コストを大幅に削減することが可能です。
また、解析作業時の溶接条件設定を簡易にし、高速計算手法の採用により時間短縮を実現します。
今まで汎用ソフトウェアでは不可能だった、実規模部品の解析評価を可能にします。

固有ひずみ法解析ソフトウェア「ASU/WELD-Express」

溶接工程における条件(電流、電圧、トーチ速度、クランプ位置、溶接順序等)をユーザが選択でき、溶接部品の熱ひずみを短時間で予測することが可能なため、最適な溶接ラインの構築に貢献します。

裏焼きにより溶接変形を交差の範囲に抑えた事例

パイプにブラケットを溶接する際の溶接ひずみシミュレーション結果を下図に示し、溶接時の反りを修正するため、捨てビードを実施した結果を下図に示します。捨てビードの位置、本数、ビード長、入熱条件を変化させ、 ASU/WELD-Expressにて溶接ひずみシミュレーションを行うことで、最適な溶接条件を設計/生産準備段階で予測することが可能です。

熱弾塑性解析ソフトウェア「ASU/WELD-Master」

汎用ソフトウェアでは実現不可能であった次の項目を改善し、国内では類を見ない大型実規模部品における高精度な熱ひずみの予測を可能にしました。
①モデルを熱源近傍の非線形領域とそれ以外の線形領域とに分けて計算する
 高速解析法・ISMの採用による計算時間の大幅な短縮
②高度な経験に基づく複雑部品のモデル化技術
③溶接工程における、多種多様な入熱条件の簡易設定
④温度場、変形量、残留応力の解析精度
⑤計算の安定性

多層盛り解析事例

ASU/WELD-Master 解析事例
製造・生産シミュレーション
ソフトウェア
支援ライブラリ
ナレッジマネジメントシステム
緊急地震速報活用システムblank